福岡転職お役立ち情報ABOUT FUKUOKA

2016.07.18医療・福祉

70歳現役社会づくりに取り組む福岡県

厚生労働省の調査によると、平成23年度都道府県別 後期高齢被保険者1人あたり医療費において、福岡県全国平均の1.27倍の医療費がかかっており、47都道府県で第一位となっています。

そんな背景もあり、福岡県では、年齢にかかわりなく、それぞれの意思と能力に応じて、働いたり、NPO・ボランティア活動等に参加し、活躍し続けることができる選択肢の多い「70歳現役社会」の実現に取り組んでいます。

<福岡県の70歳現役社会づくり>

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/70saiouensenta.html



一覧に戻る
PAGETOPに戻る