転職支援サービスの流れ

転職成功者1年後の声

地場大手グループ会社 通信系営業へ転職 Oさん(30代)

経験を生かしたキャリアアップに、力を尽くしてくれた。
仕事が面白くなった矢先の部署異動打診
「通信機器の法人営業」という仕事で経験を積んできました。その面白さ・醍醐味にはまっていた矢先に、部署異動の打診があり、転職を考えるようになりました。最初は「法人向け営業」の仕事はないか、一般公募の求人メディアを探したり、人材紹介についても思いつく限りの会社に登録をしました。各社から連絡を待つ間にも「私は本当はどんな仕事がしたいのか」を考え、それまでやってきた“通信機器を法人向けに提案営業する仕事”を、まだまだ突き詰めたいという気持ちに気付きました。
そこで「地元福岡でそれができる会社はないか」と探していたら、地場大手会社のグループ会社でその事業を行っていることがわかり、「この会社で自分のキャリアを活かしたい」と考えました。
一般公募していない会社への転職希望
しかし、一般公募として求人は出ておらず「ならば、ACRさんに頼んでみよう」と。その時、なぜACRさんに連絡をしたかというと、数社登録した人材紹介の会社の中で唯一、直接電話をくれて面談をし、私という人物を理解し、親身になってアドバイスをしてくれていたからです。お電話した時は「その企業さんとはお取引はないけれど、調べてみますね」というお返事だったものの、2日後、「ご紹介できそうです」との連絡が。聞けば、担当カウンセラーさんがその日の情報共有ミーティングで私の件を話し、そこに出席していたACRの社長さんが「伝手があるかもしれない」とすぐに連絡を取り、繋いでくれたとのこと。それを聞いた時は本当にうれしかったですね。
「自分は何をいちばんに手に入れたいのか」
そして履歴書の書き方、面接での売り込みポイントなどもきめ細かくアドバイスいただき、晴れて希望の会社に転職することができました。前職より少し給与そのものは下がりましたが、私は「この仕事がしたい」という仕事の内容を最優先に考えて転職しました。本当にやりたかった仕事なので、給与は努力して後から取り戻せばいいと思ったからです。
業種、仕事内容、給与や待遇、お休みなど、転職の際に希望はたくさんあると思いますが「自分は何をいちばんに手に入れたいのか」その優先順位を見極めるのも大切だと思います。そしてその本音をACRさんに伝える。そうすれば途は開けると思います。
カウンセラー井上より
通常、登録された方のご要望に合う企業をご紹介していく、という流れがほとんど。
Oさんのように「この会社に行きたい」と企業名を指名されたのは初めてでした。
しかし面談で詳しく伺う中で、これまでの経験や意欲の高さを実感できたことはもちろん、福岡の人材紹介の会社の中でも老舗の当社だからこそのネットワークと実績から、希望の会社につなぐことができました。

ページトップへ

ACRへのご登録はこちら

  • お仕事をお探しの方
  • お仕事一覧
  • 管理
  • 営業
  • 技術
  • その他
  • 急募情報
  • 転職成功者の声
  • 転職支援サービスの流れ
  • コンサルタントプロフィール
  • 職業紹介システム
  • 転職マニュアル
  • 人材バンク活用法Q&A
  • お問い合わせ、各種資料のご請求はこちら
  • ACR facebookページ