転職マニュアル

転職マニュアル【退職】

  • 退職
  • 税金
  • 応募
  • 面接
  • 入社

転職を成功させる第一歩。しっかりスケジュールを組み、トラブルなしの円満退社を心がけましょう。

退職の手続き

【退職時期の設定】
引き継ぎや残務整理など時間がかかりますから、最低1カ月は余裕を持って退職日を設定します。繁忙期や決算期は避けるのが常識。この時期の退職は会社へ迷惑がかかるばかりか、トラブル退社のもと。スムーズな退職を心がけるなら、自分の都合ばかりでなく、仕事の流れも考慮しましょう。
【退職意思の報告】
まず口頭で直属の上司(そのセクションをまとめている所長・課長クラス)に伝えます。一番身近な主任や係長にも一言報告しておくと、カドが立たずにすみます。退職の意志を伝えれば、当然理由を聞かれます。もし、理由が仕事内容や待遇の不満、人間関係であっても、それをそのまま言うのではなく、「○○の仕事をしたい」など、前向きで個人的な理由を出しましょう。
【退職願を渡すタイミング】
一番いいのは、口頭で退職の意志表示し、後日、「退職願」を差し出すやり方。
その際、1日のうち忙しい時間帯は避け、直接手渡しするのがマナー。
【スケジュールを立てよう】
退職願が受理されたら、日頃の業務と引き継ぎ、残務整理、挨拶まわりなどを同時進行させなくてはなりません。 ここで退職日までのスケジュールを立てておきましょう。
【引き継ぎは完璧に】
退職後まで「この仕事はどうすれば」と聞かれるようでは困ります。まず、自分の担当している仕事をリストアップしてみます。そして引き継ぐべき仕事、終わらせる仕事に分ければ、引き継ぎもスムーズにいきます。また、口頭で説明した事も含めて引き継ぎノートを作っておくとよいでしょう。後任者にとってのマニュアルになります。仕事の流れに沿ってまとめたり、わかりやすさを原則にまとめます。
会社へ返却するもの
健康保険被保険者証
退職と同時に脱退することになっています。退職日までに必ず返却を。
身分証明書/社員バッチ/名刺
自分の名刺だけでなく、仕事上交換した名刺も置いていきます。
事務用品・業務用資料等
会社の備品、資料等はすべて返却します。
会社から受け取るもの
雇用保険被保険者証
雇用保険に加入していたことを証明する書類。
雇用保険の受給手続きに必要。
離職票
会社を退職したことを証明する。これも雇用保険の手続きに必要。
退職後10日以内に発送されるので、受け取りに行くか郵送してもらうこと。
年金手帳
厚生年金保険に加入していることを証明する書類。
一生を通じてひとり1冊と決められています。
源泉徴収票
年末調整に必要な書類。
少なくとも年末調整の時期までに発行してもらいます。

ページトップへ

ACRへのご登録はこちら

  • お仕事をお探しの方
  • お仕事一覧
  • 管理
  • 営業
  • 技術
  • その他
  • 急募情報
  • 転職成功者の声
  • 転職支援サービスの流れ
  • コンサルタントプロフィール
  • 職業紹介システム
  • 転職マニュアル
  • 人材バンク活用法Q&A
  • お問い合わせ、各種資料のご請求はこちら
  • ACR facebookページ